ゲストインタビュー 加藤俊徳氏 | 人生を変えた言葉

HOME > ゲストアーカイブ > ゲストインタビュー 加藤俊徳氏

加藤俊徳■2月5日、2月12日放送 ゲスト       
医師、医学博士 脳の学校代表 加藤俊徳

「一緒に研究をやらないか?

第45回 2月5日放送



今回のゲストは、医師・医学博士。脳の学校代表の加藤俊徳さんです。
医者になってからの加藤さんは、世界に向けて研究論文を提出していたところ、
1991年に後にノーベル賞をもらうほどの博士から突然のFAXが届く。
そこから加藤さんの人生は大きく変わっていきます……。

中山和義、加藤俊徳

第46回 2月12日放送



前回に引き続き、医師・医学博士、脳の学校の加藤俊徳さんをお迎えして
「人生を変えた言葉」にまつわるエピソードをお聞きしています。
突然の海外からのFAXによって人生を変えた加藤さんは、
「超一流の科学者とはこういう人物なんだ」とインスパイアされ、
病気ではなく「健康の脳」についての研究に入っていくことになるのです!

加藤 俊徳 (かとう としのり)

新潟県生まれ。医師・医学博士。株式会社脳の学校代表。
脳の画像診断では屈指の鑑定技術を持つ。脳の活動を画像化する脳科学の専門家。
医師として認知症や発達障害の研究・臨床活動の傍ら、同時のMRI脳画像の鑑定技術
を生み出し、胎児から超高齢者まで1万人以上の脳を分析。

1991年頭皮上より光を照らして脳を計測する脳機能NIRS法を発見。
1995年から2001年まで、米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターでアルツハイマー病や脳科学の研究に従事。

帰国後、臨床診療の経験を活かし、慶応大学、東京大学等で脳研究に従事。「株式会社脳の学校」を創業。
脳の学校では、脳の個性、潜在能力、長所、短所など性格を鑑定する「MRI脳相診断」をはじめ、
脳科学を活かした教育、企業、組織の人材育成や脳科学戦略のアドバイスを行う。
テレビ番組の脳科学監修・出演も多く、雑誌、新聞、ラジオなどで活躍中。
「100歳まで成長する脳の鍛え方」、「仕事ができる人の脳、できない人の脳」、
「脳の強化書」「東大脳になる勉強習慣」他、著書多数。

IMGP1354.JPG
東京半蔵門 東京FM4F
Music Bird C Studioより

放送内容(ゲストインタビュー)

  毎月分は、クリックしてください

3月放送

2月放送

1月放送

12月放送

11月放送

10月放送

9月放送

8月放送

7月放送

6月放送

5月放送

4月放送

ポッドキャストで配信中!

podcast.jpg
クリックして下さい!